時間術初心者が読む本をはこれ!|無駄な仕事が全部消える超効率ハック

悩む会社員
初めて時間術を学ぶけど、どんな本から読んだ方がいいかな?
最初に読むべき1冊を紹介します!
よーた

読者の悩み

  • 時間術初心者
  • どんな時間術があるか知りたい

本書から得られるもの

  • 57個の仕事術・時間術が知れる
  • 時間術を書評しまくっているぼくが選ぶベスト2時間術を知れる

本書の価値

本書には、仕事をスピーディーに片付けるための57のハックが満載です!

簡潔でわかりやすい内容ながら、それぞれのテクニックがあなたの効率をグッと引き上げます。

時間管理の基本をマスターしたいビギナーにはまさにパーフェクトな1冊。

今回、ぼくが特に価値あると感じたポイントをピックアップしてシェアします。

時間術初心者はこの本を読むべき

「時間術をマスターしたい!」

特に本業、家庭、副業で忙しいパパたちには、時間を有効に使うスキルが必須です。

そんな皆さんに、おすすめする1冊の本があります。

この本の魅力はなんと言っても

超効率的に仕事をこなすための57の方法が詰まっている点です。

ぼくもこれを読んで目からウロコ、その数々のテクニックに驚かされました。

時間術を学びたくても

悩む会社員
一体、何から手をつけたらいいの?

と頭を抱える。

そんな時、この本は大枠をしっかりと掴む助けになってくれます。

ココがポイント

ぼくなら、この本で興味を持った方法や、挑戦してみたいテクニックをピックアップして、それにフォーカスを当てて深掘りします。

こうして時間術の選択肢を自然と増やすことができるんです。

ぼくもいくつかの時間術の本を読んできましたが、一つ気付いたことがあります。

それは

人それぞれに合った時間術があるということ。

だから、時間術の初心者である皆さんには、まずは選択肢を広げることが大切。

それがこの本の価値です。

悩む会社員
でも、最短で効率的に仕事ができる方法を教えて欲しい

と思う方もいらっしゃるでしょう。

ぼくもそう思いました。
よーた

でも、時間術の本を多数読んできて感じることは、そのような即効性のある方法は存在しない。

いろいろと試して、自分に合ったものを見つけていく過程が必要なのです。

だから、時間がない、でも効率的に仕事をこなしたいと思っている皆さん。

まずは、この本で時間術の大枠を掴んで、自分に合ったテクニックを見つけ出すスタートラインに立ってください。

特に参考になる部分

本書を読んで、特にぼくが参考になった部分を2つ紹介します。

早いアクションが大切

早く行動する人が時間の使い手!

ぼくはそう断言します。
よーた

ココがおすすめ

なぜなら、早いアクションを起こせる人は、時間の生産性が非常に高いからです。

未来を予測することはできません。

だから、今、この瞬間に最善と思われる判断を下し、行動に移すしかありません。

つまり

早く動ける人が勝つ

それが今の時代です。

ブログを書く場面でこれを具体化してみましょう。

ぼくたちは、読者が今必要としている情報をどんどん記事にして、ブログを充実させる必要があります。

そして、その速やかな判断とアクションの後に、リライトという形で正解を目指していく

それが、ブログの世界でも、ビジネスの世界でも、必要なスキルなんです。

ぼくもこれまでに250記事以上書いてきましたし、多くの成功しているブロガーの方々の本も読んできました。

それらの経験から言えることは、記事を多く書くことの重要性です。

未来は予測できない。
よーた

だからこそ、行動が全て。

そしてその行動の結果をもとに、リライトを重ね、質を高めていく。

悩む会社員
でも、最初から良い記事を書きたい

という声もあるでしょう。

それはわかります、僕も同じです。

ただ、最初から良い記事を書くのは非常に難しい。

有名ブロガーも初めは試行錯誤。

読者のニーズを把握し、記事を書き続けることで、ようやくそのスキルを手に入れました。

だからこそ、早いアクションが時間の生産性を高める秘訣です。

悩む時間を削り、行動に移す。

それが、もっとも効率的に時間を使い、生産性を高める方法なんです。

他人に時間を奪われない

他人に時間を奪われない

これ、簡単に言ってしまえばそんなことないと思うかもしれませんが、僕がこれまでに読んだどんな本も、このポイントを大切にしています。

なぜなら、僕たち人間は社会的な存在。

つまり、常に他人との関わりの中で生きています。

そのため、他人の影響を受けやすく、知らず知らずのうちに時間を奪われていることが多いんです。

ぼくも30代になって後輩ができると、自然とその人たちのサポートに時間を割くようになります。

それはそれで大切なこと。

でも、後輩の問題解決に全ての時間を使ってしまったら、自分のやるべきこと、大切にしたい時間が奪われてしまいます。

例えば、会社での業務が増えて残業が増えれば、副業の時間や家族との時間が奪われる。

これは避けたいですよね。
よーた

日本人って、基本的に優しいですよね。

でも、その優しさが仇となって、他人に時間を使いすぎている場合があります。

イエスマンになってしまうと、自分の時間がなくなってしまう。

これは、本書でも、そして他の多くの時間管理の本でも、共通して警告されているポイントです。

だから、他人に時間を奪われない工夫と、自己管理が必要なんです。

僕も日々、そのバランスを取る努力をしています。

自分の時間を大切に、でも他人を思いやる。

そのミックスが、より豊かな時間を生み出す秘訣かもしれません。

まとめ

ぼくの独断と偏見で参考になる部分も書きました。

基本的には時間術初心者の方が最初に手に入るべき本だと思います。

その理由は、57個もの効率的ハック術が書かれているからです。

他人に時間を奪われず、自分の時間を大切に使うことの重要性。

人間は社会的存在だからこそ、他人の影響をうけ時間が奪われ易い世の中です!

特に30代で後輩のサポートに時間を割くケースもあるでしょう。

だが、時間管理の本でも共通して言われるのは、他人に時間を奪われない工夫と自己管理が必要だということ。

自分の時間と他人を思いやるバランスを大切にしましょう。

-書評